車購入の分割支払いでのコツ

車購入の分割支払いでのコツ

近年、車の性能と値段は上昇気味

車というのは、数ある買い物の中でも高い部類の買い物に入るのは、間違いありません。
最近ですと、軽自動車であってもちょっと装備が優れていたり、燃費が向上していると、100万円出しても買えなくなってきました。

軽自動車でさえもそうなのですから、セダンタイプのちょっと大きめの車や人気のミニバン、さらには環境のことを考えてハイブリッド車を選ぼうと思えば、少なくとも200万円以上は車両価格として見ておかなくてはなりません。

そこへさらに自動車取得税だの自動車重量税だのといった税金が課せられてきます。
車の価格だけを見ていたら、予算が足りなくなってしまったということは、十分に起こりえます。

分割で車を購入

そこでまとまったお金がないものの、車はどうしても必要で購入しなければならないとなったとき、方法としては分割支払いという手段を取ることになるのです。

車というのは新車で200万円しても、納車になったとたんに価値ががくんと下がりますから、できるだけ分割で支払う分の費用は少なくしておくことが賢明です。
また分割支払いとなるとローン返済ということになりますので、この返済が完了しないうちは、車の所有権は費用の貸付先がもつことになります。

そうなると何をするにしてもいちいちお伺いを立てなくてはならないので、非常に面倒なことになるでしょう。
そのためにも、早く返済しなくてはなりません。

とはいえ早く返済したくても、ひと月に返済できる額には限度もあるでしょう。
そのためできるだけ車の価格のうち、出せるだけのお金を現金で出し、どうしても出せずに残ってしまった分をローンで分割支払いするようにすればいいと思います。

上手な分割支払いのコツ

photo0000-2175預金から出せる分を出してしまったなら、毎月の返済は収入の範囲内でやっていかなければなりませんが、残金が少なくなれば当然分割支払いをする期間はまるごとローンにするよりも短くなります。

一時的には蓄えを吐き出すことによって預金残高が減り心細くなると思われますが、まったく預金利息が付かない今の金融事情を思うと、分割払いの高い利息がかかる支払い期間はできるだけ短くするに越したことはありません。
分割支払いが終われば、晴れて自分の車になりますので、そこから先は大事に乗ることによって、また次の車に買い替えるときの資金をためておくのが賢明です。

車を購入する際には、いくら貯金からお金が出せるのか、そしてどのくらいの残金をどの程度の期間で返済するかを考えることが、上手な分割支払いのコツとなると思います。

たとえミニバンがほしくても、ハイブリッド車がほしくても、予算に限りがあるならば、無理のない分割支払いができる範囲内で車を選ぶということも、時には必要でしょう。
それを妥協と呼ぶ人もいるかもしれませんが、無理なく返済しつつ、車がある快適な暮らしをするには、それは身の丈に合った返済方法で購入した車ということになるのではないかと思うのでした。