自動車保険について

自動車保険について

強制保険と任意保険

自動車を所有するときには、万が一事故を起こしてしまった場合にそなえて保険に加入をすることになります。
自動車保険には二種類があり強制的に自動車所有者が加入することになる「強制保険」と、所有者が自分で選んで加入する「任意保険」とがあります。

強制保険は別名「自賠責保険」と言われており、損害保険会社の自動車損害賠償責任保険もしくは共済組合での自動車損害賠償責任共済へ加入をすることとなっています。

ですがこの強制保険は事故を起こした相手への保証を一定額担保するだけのものであり、物損事故や自分自身も怪我を負ったようなときには保険の適用はありません。

そのため相手方への死傷補償の他に自分の体や車、また損壊してしまった車やモノのための保険をかけておく必要があります。

保険選びのポイント

所有者本人が自分で選んで加入することになるのが後者である「任意保険」です。
任意保険としては現在日本で契約できる自動車保険会社がたくさんあるので、その中から自分のカーライフにあったものを選ぶことになります。

最近ではインターネットで簡単に見積をすることができるサイトや、契約や更新までクリックだけでできてしまうようなダイレクト型の自動車保険のも増加してきました。

保険を選ぶときには月々の保険料だけでなく、実際に事故にあったときの対応方法や付加サービスにも注意して自分に必要なものをしっかり選んでいきましょう。