購入全体の流れを把握

購入全体の流れを把握

購入までの流れをつかんで準備

車は新車でも中古車でも大きな買い物になります。
そのため他の製品のようにふらりとお店に入ってそこで現金で購入して家に持ち帰るというようなことはできません。
お金の準備もそうですが、その他にも手続き上でやっておかなくてはいけないことがいくつかあります。

せっかくよい車を見つけて購入を決定したけれども、それをするための準備に手間取ってチャンスを逃してしまったというようなことがないように、きちんと購入に関するフローをつかんで先回りした準備をしていけるようにしましょう。

新車購入のフロー

新車を購入するときには、まずその車種を取り扱っている正規ディーラーに直接出向き価格や装備などについて話を聞いてみましょう。
最近では積極的に試乗をすすめてくれるお店も多いため、気になる車種だけでなく他の試乗車にもいくつか乗ってみるのがおすすめです。

最初のお店ですぐに決めるのではなくいくつかのメーカーで試乗をしてみると、運転をしたときの違いがわかって比較がしやすくなります。
だいたいほしい車種が決まってきたら担当の方に見積もりをお願いしましょう。
見積もりをしてもらったら購入をしないといけなくなってしまうように思えますが、案外そうでもなくいくつか見積もりを較べてそれから回答を出しても全く問題はありません。

コツはいきなり最初から値引き交渉はしない方がよいということで、まずは見積書をもらったら返事を保留して一度冷静に他の車種と比較をしていきましょう。
ほしい車が決まったらいよいよ具体的な交渉になります。
そのときには下取りをする車があるかどうかなど値引きになることもきちんと調べていくと話がしやすくなります。

値段も重要ですが、実際に購入をするとなった場合の納期もきちんと聞いておきましょう。
戸建て住宅に住んでいて十分に駐車場を確保できるなら多少納期が遅れてもよいですが、これから自宅周辺に駐車場を契約する場合にはいつからにするかによってかかってくる費用が異なります。

購入が決まったら、陸運局に検査登録手続きをするため車庫証明をとらなくてはいけません。
手順としては車庫証明のあとになるので、そのあたりの流れも時間軸をみながらそれぞれの手続きを進めていきたいところです。
納車がされたら、その車種や装備やカラーがきちんと注文通りであるかを確認しましょう。

中古車購入のフロー

中古車の場合も基本的には新車購入と手続きの流れは一緒です。
ほしい車が決まったら駐車場にするところの契約をすませ時期に応じて車庫証明をとります。

特に新車購入と大きく手続きで異なることはないのですが、中古車の場合にはすでに車は存在しているため納車までの時間が大変短くなります。
車がもよりの中古車業社に届いても車庫が用意できなければ契約手続きができませんので、駐車場契約や加入する保険契約は早めに準備をしておき、それから実際の購入をするのがおすすめです。