周辺環境をチェックしよう

周辺環境をチェックしよう

車を購入する際の注意点

photo0000-2448車を購入する際、ついつい忘れがちなのが、周辺環境です。
いくらほしくても駐車場に入らないとか、細い道が多い地域で大型車を購入してしまうとか、周辺の環境に合わない車を選んでしまうと、新車が納車された後から「しまった~」と後悔することにもなりかねません。
ですから、まずは周りの環境に、十分目を向ける必要があります。

まず、最初にチェックするべきことは駐車場の大きさです。
広々とした駐車場を確保しているなら心配はいりませんが、狭い駐車場の場合、車が駐車場に入るかどうか、確認する必要があります。
横幅はもちろん、奥行きもしっかり測りましょう。

車の大きさ

またワンボックスカーのように車高の高い車を購入したいと考えている人で、自宅の駐車場がガレージや立体駐車場の場合、高さも要チェックです。
さらに、自宅の駐車場だけではなく、デパートなどの立体駐車場も車高の高い車は止めることができない場合は多いようです。

155cm~165cmぐらいまでが立体駐車場の高さ制限となります。
これ以上の高さがある車の場合、街中で駐車場を探すのがとても困ることになります。

また、サイズもあまりぎりぎりではなく、余裕を持ったほうが無難です。
そうしないと、角ですってしまったりして、天井にすってしまったりして、大切な新車が傷だらけということにもなりかねません。
たとえば、ワンボックスカーなどの後ろの戸を引き上げる際、天井にぶつかってしまうこともあります。
油圧式で「すっ」とあがりますので、そのまま勢いよく天井にガツンとぶつけてしまうわけです。

また、狭い街中をよく走る機会の多い人は、あまり大型の車を買うと、運転しづらくなります。
待ち乗りには待ち乗りサイズの車があるものです。
周辺環境を自分で変えるのは難しいので、車で調整するか、覚悟して乗るかのどちらかなのです。

高速道路によく乗る人向けの車

高速道路を頻繁に利用する方は、高速を走る時直線を走ることになるのでその安定性を重視した車を選ぶのが良いと思います。
日本車はどちらかというと、60キロ前後のスピードで一番安定して走ることができるような車が多いでしょう。
100キロを超えると、ちょっとふらふらと足元がおぼつかないというのでは、高速運転が大変疲れることでしょう。

ところが、ドイツ車のように、スピードが上がれば上がるほどがちっと車が安定するものもあります。
日本車との違いに愕然とするかもしれません。

ですから、高速道路をよく使う人は、ドイツ車はおすすめです。
また、日本車でも高速安定性が高い車もあります。
アベンシスやデュアリス(初期型)のようなヨーロッパからの逆輸入車などはその傾向が高いようです。

雪国の人向けの車

雪国で生活している人は、4WDの車を選ぶと安心です。
坂道で発進する場合など、2WDではスピンしてしまうことが多くあります。
FR車だといつもおしりを振りながらの走行になってしまうことでしょう。

スポーツカーがほしくても、雪国ではなかなか購入できない理由がここにありますね。
ただ、事故を起こすのは4WD車が多いという話もあります。
これは4WDが走りやすいので、雪道を走っていることをついつい忘れてしまうことが原因だと言われるのです。

その点2WDは運転が慎重になるので、大きな事故は起きにくいでしょう。
このように、普段どのような環境で車を運転する機会が多いかということを考えて、最適な車を選ぶようにしたいものです。