コンパクトカー

コンパクトカー

一般車の小さいバージョン

自動車にはいろいろな種類があり、軽自動車や一般車、中型車や大型車などが存在しています。
この中にはコンパクトカーと呼ばれている車も存在するのですが、コンパクトカーというと、軽自動車と勘違いしてしまう人もいます。
しかし、コンパクトカーは軽自動車ではなく、一般車の小さいバージョンなのです。

もちろん税金も普通車扱いですし、高速道路での最高速度も普通車扱いになります。
コンパクトカーは1950年代から製造販売されてきたのですが、軽自動車の前進になっていると言えるでしょう。
軽自動車では小さすぎるけれど、一般車よりは少し小さくてもよい、もっと小回りが利いてほしいという場合には、このコンパクトカーを選ぶという人もいます。

コンパクトカーが人気の理由

現在ではどのような物でも小型化されているのですが、それは車も例外ではありません。
現在では軽自動車の他にも、コンパクトカーと呼ばれている車が販売されていて、かなりの人気があります。
なぜコンパクトカーが人気なのかというと、メリットがたくさんあるからです。

主なメリットは、燃費が少なくて済むこと、性能が高いこと、小回りが利くことなどが挙げられます。
車は大きければその分燃費が多くなるので、コンパクトカーのような比較的小さな車の方が、燃費がよくなるのは当然だと言えるでしょう。
最近はガソリン代がとても高いですし、これからもどんどん上昇し続ける可能性も十分あります。

人によっては生活をしていく上で車は欠かせない存在という場合もあるので、できる限り燃費の少ない車を選ぶという人も多いのです。
ガソリンだけではなく、バッテリーやオイルなども比較的長持ちするというのもコンパクトカーのメリットなのですが、やはり重要になるのはその人の運転と、日ごろからのメンテナンスが重要になります。
定期的にメンテナンスをして、やさしい運転をしている人と、全くメンテナンスを行わず、運転が荒いという人では、同じ車でも全く燃費が異なるのです。

また、小さい車は性能が低いのではと思う人もいるでしょうが、軽自動車と一般車を比べてしまうと、やはり性能面では少々劣ってしまう部分もあるでしょう。
しかし、コンパクトカーは一般車と比べても、性能が劣ることはありません。
車種によって異なる場合はありますが、どのコンパクトカーであっても、性能面で一般車に敵わないということはないのです。

そして車が小さいということは、小回りが利くということでもあります。
人によってはバック駐車が苦手、細い道を運転するのが怖いという場合もあるので、このようなときでも車が小さければ、運転がしやすいでしょう。
特に日本の道は細くて混雑している道や、細くてカーブの多い道が多いので、小さな車が適している環境の国なのです。