クーペ

クーペ

主な特徴

車が大好きという人の間で人気となっているクーペですが、どのような特徴があるのでしょうか。
主な特徴と言えば、車高が低くて走行時に安定感があること、パワフルエンジンの車が多いことなどが挙げられます。
しかし、メリットだけではなくデメリットもあるのですが、それは燃費があまりよくないことと、大きな荷物を積むのには適していないことでしょう。

よって旅行やキャンプに行く場合などには適していませんが、単純に走りを楽しむ場合などには適しています。
価格も他の車に比べて高い傾向にあるのですが、それは種類によって変わってきます。
クーペであっても、安い車種であれば100万円台で購入できる車もありますし、高ければ1000万円を超えてしまう場合もあります。

通常ガソリンを入れる場合には、トラックなどは軽油が多いですし、一般の乗用車であればレギュラーが多いでしょう。
それに対してクーペの場合には、レギュラーガソリンを入れるタイプの車もあるのですが、大半がハイオクになっています。
ハイオクは料金が高いので、どちらかというと裕福な家庭向きの車ですが、スポーツカーのような車であるため、クーペにこだわって購入する人もいるのです。

オープンカーもある

天気のよいときなどは、直接日差しを浴びながら運転したいというこだわりを持っている人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのがクーペです。
なぜならクーペにはオープンカーも存在しているので、屋根が付いていない状態で走行することも可能になります。

もちろん全てのクーペがオープンカーになっているわけではなく、一部の種類だけなのですが、日差しを浴びて走るのも気持ちがよいのでおすすめです。
ただし、雨の日や寒い日、暑い日などにはあまりおすすめできませんので、春夏秋冬があって、比較的雨の量が多い日本では、それほど多く見かけることはありません。
元々クーペは実用性の高い車ではなく、スポーツカーのように車自体を楽しむ種類なので、マニア向けの車だと言えるでしょう。

少人数用の車

最近は軽自動車でも大人数が乗れる車が人気ですが、現在の日本は少子高齢化で、若い人はあまり大人数で車に乗るという機会が少ないでしょう。
クーペは2人乗りになっているか、4人乗りになっているので、子供が1人しかいない家庭や、カップルで乗りたい場合に適しています。
比較的車内が狭いのもクーペの特徴なのですが、少人数用に作られているので仕方がありません。

ただし、とても安定した走りが楽しめるので、実用性を追求した車ではなく、走りを高めてた車と言えるでしょう。
スタイリッシュな形をしているのもクーペならでは特徴で、見た目を重要視する人や、走り方にこだわる人に向いています。