軽自動車

軽自動車

適している環境の日本

日本は国土に比べて人口が多いため、街中は人口密度が高くなっていることから、人が多くて狭い道が非常に多くなっています。
郊外に出れば山間地帯が多いので、狭くてカーブが連続しているような道もよく見かけるでしょう。
このような狭い道や人が多い道に適しているのが軽自動車です。

軽自動車は一般車に比べて車幅が狭くなっているので、一般車ではぶつかってしまうような幅しかなくても、軽自動車であればぶつからずに通過できる道も存在しています。
そのため、現在の日本では、車を購入する人の約4割が軽自動車を選んでいるというデータもあるのです。
車を購入する人の中には、個人だけではなく企業で使用する車として購入する人も含まれているので、運送業でトラックを購入する人も含まれています。

よって個人で軽自動車を購入する人の数は、一般車を購入する人よりも多いと言っても過言ではありません。
日本の都道府県の中には、圧倒的に軽自動車が多くなっている地域もあるのです。
このように軽自動車に適した環境になっているからこそ、日本では軽自動車が人気なのでしょう。

軽自動車はメリットがたくさんある

軽自動車はメリットが非常にたくさんあります。
そんな中でも一般車に比べて圧倒的に高いメリットがあるのですが、それは維持費でしょう。
特に税金では、一般車と軽自動車で3倍以上差が出てしまうのですが、政治家の悪政によって、軽自動車の税金が引き上げられてしまいました。

それでもまだ軽自動車の方が圧倒的に税金が安いですし、燃費もかなりよくなっています。
ハイブリッドカーにも劣らないぐらいの低燃費なので、現在では軽トラックや軽ワゴンなどで運送を行う業者もたくさんあります。
最近は車高が高くて、車内が広くなっている軽自動車もあるので、昔のように車内が狭いというデメリットも解消されてきているのです。

さらに車幅が狭いということは、かなり小回りが利くことを意味しているのですが、狭い駐車場に止めるときなどは駐車しやすいというのもメリットでしょう。
細い道でもすらすらと走れますし、急カーブでも曲がりやすくなっています。
このようなメリットがある軽自動車ですが、購入価格も安いというメリットがあるのです。

そのため、一般車を1台購入して家族で乗るという人よりも、軽自動車を2台購入して、夫婦で別々に使用できるような環境にある家庭もあります。
もちろん一緒に出掛けることもあるでしょうし、子供が大きくなったときには1台を譲ってあげるという人もいるでしょう。
このような方法を取れるのも軽自動車のメリットですし、不景気と増税、物価の上昇やガソリン価格の上昇で車離れが進んでいるからこそ、軽自動車がとても重宝されるのです。