ハイブリットカー・シリーズ方式とは

ハイブリットカー・シリーズ方式とは

近年、ガソリン代が高騰

ガソリン代は高止まりしたままです。
こうなると、当然多くの人の関心は燃費の良い車へと向けられていきます。

燃費が良い車の代名詞になっているハイブリットカーですが、日本車は世界に一歩リードした感があるのは、日本人としてうれしい限りですが、一口にハイブリットカーといっても、すべてが同じではないことをご存知ですか?

トヨタとホンダの違い

たとえば、トヨタとホンダではまったく違う方式を採用しています。
いま現在、ハイブリットは発電方法により「シリーズ方式」「パラレル方式」「スプリット方式」があります。
以下にもっとも古くからあるシリーズ方式を説明しましょう。

シリーズ方式とは、直列方式とも言います。
これはエンジンで車を動かすためにではなく発電のためにのみ使用し、モーターだけで車軸の駆動と回生をさせる方式です。
エンジンを駆動には直接使わないので、ある意味、電気自動車といっても間違いではないかもしれません。
もう少し詳しく仕組みを説明すると、まずエンジンで発電機を駆動します。

次に、それによって発生した電力を一旦沢山蓄えることができるバッテリーに蓄えます。
それから、その電力でモーターを駆動させ、走行します。
このシリーズ方式の最大の特徴は、電気自動車のかかえるいくつかの欠点を解決していることです。

メリットとデメリット

たとえば、1充電あたりの走行距離が少ないということ、また、出先での充電設備がまだまだ不十分であり、かつ一回の充電時間が長いことなどです。
しかし、このシリーズ方式だと、バッテリー充電のためのエンジンがあるので、ガソリン燃料を補給するだけで、電気自動車の欠点から解放されるわけです。

また、シリーズ方式には、もうひとつメリットがあって、それはモーターだけで駆動させますので、通常の自動車に必須なトランスミッションが必要ないことです。
ところで、このシリーズ方式というのは、実はかなり古くから実用化されてきた技術で、特別新しい技術ではありません。

ガソリンの他、ガスやディーゼルなどでもエンジンを動かして発電し、モーターで走行するという方法は、鉄道や船舶などで実用化されてきたのです。
そして、初期のハイブリッドカーが、この方式をベースとして、研究開発がなされてきたようです。

とても構造が単純なシリーズ方式は、古くからあり、世界的には主流であると言えますが、問題がないわけではありません。
まず内燃車と電気車のシステムが共存するため、小さな車のボディに、かなりの割合で、システムが占有してしまうということです。
またそれに伴い重量も大きくなります。
これは車にとってはデメリットです。

また、エンジン動力を一時電気に変えるのですが、その際に生じる熱エネルギーのロスが大きく、回生制御が働いていないと効率が落ちてしまうのもデメリットです。
実際に、このシリーズ方式を採用しているのは、ゼネラルモーターズの小型乗用車やクライスラー、ボルボの小型乗用車、三菱自動車工業小型乗用車 (ESR)、トヨタ・コースターEV、三菱ふそう・エアロスターHEV・エコハイブリッドなどがあります。