禁煙車

禁煙車

禁煙車とは、「車内でタバコを吸った形跡が無い車」のことである。これに対して、常習的にタバコが吸われていた車は喫煙車と呼ばれ、中古車の価値を決める重要な要素となっている。車内でタバコを吸っていると、シートや天井にヤニの汚れや匂いが付着するため、禁煙車のほうが評価が高くなりやすいのだ。近年は、タバコを悪と見なす風潮が社会的に強まっているせいか、中古車を購入する際に、喫煙車を選ぶ人も少なくなっている。

タバコの汚れと臭いは除去できない

常習的にタバコを吸っている車は、清掃や消臭を徹底しても、タバコの汚れや臭いを完全に取り去ることは不可能に近い。そのため、頑張れば何とか禁煙車にできるのでは?と思って掃除をしても、プロのディーラーには見抜かれてしまうことを留意しておこう。ちなみに、中古車市場においては、高級車ほど禁煙車であることが多く、高い車ほどオーナーが車を大事に使っていることが伺える。

喫煙しながら禁煙車を維持する方法

成分にニコチンやタールを含まない電子タバコであれば、常習的に使用していても、車内にヤニの汚れや臭いが残ることは無い。喫煙を続けつつ車を大事にしたいのであれば、新車と一緒に電子タバコへ乗り換えるのも一つの方法だろう。