新古車とは

新古車とは

新古車も見てみよう

新古車というのをご存知でしょうか?
新車を選ぶ上で、新古車は無視できない存在です。
新古車というのは、いわゆる未使用車のことです。

ただ、様々な事情で一旦登録しているので、中古車扱いになっています。
一旦登録すると、次の車検までの期間が新車のように3年ではなくなってしまうのが難点ですが、登録まもない新古車だったら、車検まで長いし、状態的には新車と同じなので、十分お買い得な買い物だと思います。
ここでは、新古車を選ぶメリットについて考えてみたいと思います。

新車よりも安い

まず、単純に新車よりも安いということがメリットとしてあげられます。
車の状態は新車とほぼ同じでありながら、新車よりも低価格で購入できるのですから、これはお買い得ですよね。新古車最大のメリットと言っても良いかもしれません。

新古車の場合、車両本体価格が安くなっていることに加えて、重量税などの登録時かかる諸費用がすでに支払われているので、その分もやすくなります。
ただ新車で値引きはありますから、見積もりをとって、トータルでどちらが安いか比較する必要はあります。
もし、比較して新車より格安で売っているのなら、買って損はないと思います。

保証も新車と同じ条件

新車保証に関しては、新古車でも自動車メーカーの新車保証がそのまま継続して保証されます。
通常、新車には「3年」もしくは「5年」の保証期間があります。

ただ、購入したときから3年ないし5年の保証ではなく、登録されてから3年ないし5年の保証です。
つまり新古車は購入した時点で、そのときまでに登録から経過した時間を差し引いた残りの期間を継承することになります。

余計な整備費用が要らない

車を購入する場合、車両本体価格の他にいろいろ諸費用が請求されます。
これがばかにならないほど高額になる場合が多いのですが、新古車の場合、この諸費用をかなり減らすことができます。
まず重量税などの税金が必要ありません。

また、通常中古車を購入する場合、納車前整備費用などが請求されることが多いのですが、新古車は未使用車なので、そのような納車前整備の必要がなく、ゆえにその費用が請求されることもありません。
このように新古車は多くの諸費用がカットされるので、車両本体価格だけではなく、トータルで費用を見積もってもらい比較する必要があるのです。

すぐ乗れる

新古車の魅力のひとつに、すぐに乗れるということもあげられます。
新車の場合は納車まで最低2週間はかかります。
人気車であれば、3ヶ月、半年と待たされる車もあります。

しかし、新古車は店頭に展示してありますので、手続きさえすめば、すぐに乗る事ができるのです。
何かの理由で直ぐ乗りたい場合には、大変メリットがあります。
このように、新車を選ぶ際、新古車がもしあれば、比較検討してみると良いでしょう。

新車とほぼ同じ状態のものを、安く、早く、買うことができるわけですからね。
新古車は中古車サイトなどで検索すると、簡単に見つけることができると思いますよ。