下取りについて

下取りについて

下取りの注意点

新車を買い換える場合、「下取り」をどうしますか?と尋ねられると思います。
下取りというのは、これまで乗っていた車を売ることを意味しています。
ディーラーで新車を見積もる際には、下取り価格を書き込む欄があるように、これまでは、下取りをディーラーにお願いすることが一般的でした。
しかし、実は下取りはけっこう要注意項目なのです。

たとえば、下取りをディーラーにお願いしたとします。
それ自体は問題ないのですが、価格を先につけられて見積もりに記入されると、新車の割引が誤魔化される可能性があるのです。
どういうことかと言うと、新車の割引を30万円と大きな割引きを出してきたとします。
そして下取り価格を50万円としたとします。

しかし、本来の相場では60万円で買い取ってもらえる車だったとします。
そのことはこちらにはよくわからないので、下取り価格の10万円を割引きに回すことができるわけです。
結果的な支払い総額は同じことなのですが、感覚的に割り引きが大きいほうが、得した感じがします。

こういうことがけっこうあるようなのです。
だから、ディーラーで下取りをしてもらうときは、新車の見積もりと同時に行うのではなく、最後に行うことがはっきりしてよいと思います。

下取りの際は買い取り専門店へも持っていこう

また、下取りはディーラーだけではなく、買取専門店でも査定するのが鉄則です。
ディーラーでの下取りは、査定額が買取専門店よりも安くなる傾向があり、また、手数料が取られたりします。
確かにディーラーに全部お任せするのは楽なのですが、少しでも高く車を売りたければ、買取専門店でも見積もってもらうのが良いと思います。

買取専門店での査定は、インターネットなどを使って、一括査定することができるので簡単です。
買い取りしてもらいたい車の年式や走行距離などの情報を書き込み、送信すると、翌日には数社から見積もりメールが届きます。

その後、買取専門店のほうから連絡があると思います。
そこで、実際に車を見させて、正確な見積もりを出してもらいます。
面倒でも、最低3社くらいから正式な見積もりを取ると良いでしょう。
というのは、買取専門店というのは、競合店があることがわかると、俄然がんばって査定額に色をつけてくることが多いからです。

買取専門店の営業マンは、いくらだったら売ってくれますか?と尋ねてくると思いますので、思い切って高い値段をふっかてもかまわないと思います。
営業マンの裁量の範囲を超えていると、上司にかけあってくれます。
たいていは満足のいく価格で買い取ってくれることでしょう。
季節的には2月3月が高く買い取ってもらえる時期のようです。

3月、4月に新社会人を相手に中古車がよく売れるからです。
車の買取専門店の営業マンを見ていると、ディーラーの下取りは、あくまで新車購入のサービスの範疇として行っているのだなあということがわかります。
せっかく大切に乗ってきた車なのだから、最後まで大切に引き取ってくれるところに売ったほうが、気持ちも良いものですよ。