アウディ

アウディ

アウディは100年以上の歴史を持つ、老舗自動車メーカー

アウディ(Audi)はドイツのバイエルン州に本社を置く、100年以上の歴史を持つ自動車メーカーです。1909年にアウグスト・ホルヒによって設立され、翌1910年に社名をアウディとしています。「アウディ」ブランド自体は消滅した時期もありましたが、1965年に復活した後は主に前輪駆動のセダンを中心にラインアップが展開され、80、90、100シリーズが成功を収めています。

現在、アウディの株式は99.55%がフォルクスワーゲンAGによって保有されています。アウディはフォルクスワーゲングループの中でも中級から上級の価格帯を担うブランドであり、日本でもプレミアムブランドとしてメルセデス・ベンツやBMWに引けを取らない支持を得ています。

 

先進的なメカニズムと老舗の技術が調和するアウディ

アウディの魅力は先進的なメカニズムにあります。中型セダンではFR(後輪駆動)が常識であった1970年代や80年代にいち早くFF(前輪駆動)を採用していました。さらに1980年代半ばにはセンターデフを備えたフルタイム式の「クワトロ」システムによって乗用車に4WD(四輪駆動)を採用し、それまではオフロード向けと思われていた4WDの常識を覆しました。

 

モダンで都会的なデザインも人気の秘密です。近年のモデルは大きなフロントグリルを持つ個性的なデザインですが、絶妙なバランスによって上品なイメージも兼ね備え、プレミアムブランドにふさわしいエクステリアが与えられています。また、造り込みの良さもアウディの大きな魅力のひとつです。ルーフの処理やボディパネルのプレス技術、インテリアの質感など、世界最高水準といえる製造技術を誇っています。

 

アウディの代表車種や特長

取り回しの良い小さなサイズの「A1」は、「プレミアム・コンパクト」と呼ぶにふさわしい高い質感を備えています。「A3」はスポーツバックとセダンの2タイプが用意されています。「A4」はアウディの中核となるミドルセダンで、ステーションワゴンの「A4アバント」もラインアップされています。アッパーミドルの「A6」「A7」、フラッグシップの「A8」など上級モデルはエレガントで上品な雰囲気が特徴です。また、これらのモデルにはスポーツモデルの「S」が用意されているほか、さらにハイパフォーマンスな「RS4」「RS5」にはスーパーカー並みの動力性能が与えられています。

近年ではSUVモデルも存在感を増しています。コンパクトな「Q2」「Q3」、ミドルサイズの「Q5」、フラッグシップの「Q7」がラインアップされており、選択肢の多さも人気の要因となっています。もちろん、スポーツモデルのTTやTT-RS、スーパーカーのR8も絶大な人気を誇っています。ル・マン24時間耐久レースなどモータースポーツで圧倒的な強さを見せてきたアウディの自信作だけあり、デザインだけでなくその走行性能が世界中で高い評価を受けています。