ジープ

ジープ

ジープは大手に買収された後に人気が出た車種

ジープはアメリカの自動車メーカー「クライスラー社」のブランドの一つです。
アメリカのミシガン州に本社を置くクライスラー社は、1925年、ウォルター・クライスラーにより設立。1987年にジープブランドを所有するアメリカン・モーターズ(AMC)を買収しました。
クライスラー社は当時から自動車産業のビッグスリーと賞賛されていたものの、買収したAMCは販売不振に陥っておりシェアにおいて他の2社を上回ることはできませんでした。そこでクライスラー社はジープを同社の販売網に組み込み、アメリカ国内での販売力を拡充。さらに、ジープ・チェロキーが予想外の大ヒットとなり、ジープブランド各車はクライスラー社に大きな売り上げをもたらしました。
2009年、アメリカの金融危機による不況の影響で、クライスラー社は連邦倒産法第11章(日本でいう民事再生法に相当)の適用申請を行い、イギリスの特殊会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズの傘下となっています。

 

クライスラー社は5つのブランドごとにCEOを配置している

クライスラー社が展開するブランドは、自動車ブランドの「クライスラー」「ダッジ」「ラム」と「ジープ」、部品とカーアクセサリーブランドの「モパー」の計5ブランドです。高級車仕様を展開する「クライスラー」、個性的なラインアップを有する「ダッジ」、クライスラー社の原動力であるピックアップトラックを扱う「ラム」、そして四輪駆動車のSUVを様々なラインアップで展開する「ジープ」。全てのブランドがクライスラー社の中で組織として独立しており、それぞれにCEOが配置されることで、各ブランドが持つ強い個性を活かされています。
かつては自動車産業のビッグスリーと賞賛されていた同社は、個性的なブランドを高い信頼の元に展開しています。

ジープの人気車種

RENEGADE

RENEGADE(レネゲード)は小さなボディから発せられる力強い走破性能で、人の冒険心をくすぐります。デザインの鮮やかさもさることながら、車内はゆったりした空間を提供してくれるデザインとなっています。

Compass

Compass(コンパス)は流れるようなフォルムから魅せられる高級感とは裏腹に、ジープの持つ比類なき力強さであらゆる悪路も走破します。約70点のセーフティ及びセキュリティシステム、ドライバーの被害を軽減するテクノロジーも搭載し、安心かつ安全性が充実しています。

 

WRANGLER

WRANGLER(ラングラー)は初代JEEPのDNAが受け継がれるスタイルで、オフロードへの冒険心をより強く掻き立てます。インテリアには厳選された素材が使われており、激しい冒険と心地よい空間を同時に味わうことができます。

 

GRAND CHEROKEE

GRAND CHEROKEE(グランドチェロキー)は街中でも自然の中でも圧倒的な存在感を魅せ付ける、力強くも美しいフォルムが印象的。力強い外観とは裏腹にインテリアには、レザーや本木目といった上質な素材が贅沢に使われており、最高にくつろぎの空間を提供してくれます。