日産

日産

日産の歴史

日産と言えば、カルロスゴーン社長が有名ですが、確かに彼の豪腕によって、赤字から黒字に転換し、がんばっていますよね。
しかし、もともと日産という会社は、外国産の車に負けないような国産車を作りたいという熱い情熱に燃えた男たちによって立ち上げられた会社です。

まず「快進社自動車工場」の創設者である橋本増次郎氏と「実用自動車製造株式会社」の創設者である久保田権四郎氏が、経営理念やお互いの夢が共通し、1926年に合弁会社「ダット自動車製造株式会社」を立ち上げたことから始まります。
この会社からダットサン・フェアレディZなどの名車が生まれています。

やがて、ダット自動車製造株式会社の株を大量に保有した鮎川義介氏により「日産」と社名が変わりますが、その精神は変わらず、受け継がれていきます。

また、1966年には、プリンス自動車工業株式会社を吸収合併します。
プリンス自動車工業株式会社という会社は、中島飛行機・立川飛行機の流れをくむ優秀な人材によって1947年に立ち上げられた会社です。
元航空技術者を多く擁したためか、技術開発重視の社風があり、早くから先進技術を取り入れていきました。
その先進技術は日産やトヨタなどトップメーカーをも凌駕するほどだったと言います。

ただ、あまりにも技術偏重の社風はコスト度外視となり、経営を圧迫し、結局は日産に合併されることになりますが、日産にしてみれば、優秀な人材と技術を手に入れることになります。
技術の日産とよく言いますが、こういう背景から来ているのかもしれませんね。
ちなみに、プリンスからはスカイラインやグロリアなどの名車を生み出し、日産に引きついています。

このように、日産はいくつかの会社がひとつに合併して現在に至っています。
合併のたびに、会社は大きく力強く成長していきました。
また、スカイイランやフェアレディZなど、いまもなお長く愛され続けている車があるというのも、日産の魅力ですね。

日産車の特徴

個人的に日産車の車作りは、足回りがしっかりしていて、バランスが良いという印象があります。
ホンダのように硬めず、トヨタのように柔らかすぎもせず、ちょうど良いしっかり感があります。

もちろんこれは個人的な見解ですし、車種によって、この印象が大きく変わるものもありますので、すべてに当てはまるわけではありませんが、そういった印象があります。
車の乗り味は会社の車作りの方向性が強く反映される部分でもありますので、しっかりと乗り比べてみることをおすすめします。

日産は「人々の生活を豊かに」

ところで、日産のかかげる車作りのコンセプトじゃ「人々の生活を豊かに」です。
このコンセプトをもとに、自動車を中心とした企業活動を展開しています。
つまり単に車を作るということだけに留まらず、地球環境や交通事故、渋滞問題の解消など、様々な方面から真剣に取り組んでいます。

日産がハイブリットではなく、電気自動車リーフを世界に先駆けて量産したのも、環境対策をより重んじた結果かもしれません。
このような会社の歴史や姿勢なども、車選びにおいては大切だと思います。