10万円以下の中古車はお得なのか

10万円以下の中古車はお得なのか

10万円以下の中古車が存在する

フロントガラスに値段や性能などを記したボードが置かれた中古車がズラッと並んでいるのは、中古車展示場やガレージショップにおけるお決まりの光景である。この車が置かれているエリアの片隅には、時おり8万円や5万円という思わず二度見してしまうような値段の中古車が鎮座していることもしばしばだ。その安さに魅かれて、ついポケットマネーで買いそうになってしまった人も少なくないだろう。その気になれば、奮発して美味しい物を食べに行くようなお金で、マイカーを購入することもできるのである。

自動車なのになぜこんなに安い?

一般的に中古車の値段は、車種の人気や走行距離、外装や内部機能の状態など、さまざまな要因で決定する。はやい話が、これらの評価軸を参考にして、恐ろしく悪辣な評価を下された中古車は、時に10万円より低い値が付くこともあるのだ。

◇だれも欲しがらないような不人気極まりない車種。
◇途方もない距離を走り、消耗しきったパーツを搭載している車。
◇ところどころハゲている塗装、ベコベコのボディ。
◇まったく動かないエアコン。

などの具体例を出してみたが、自分が中古車だったら鬱病になるくらい酷い悪口のオンパレードだ。ともあれ、10万円以下の中古車は、これらの要素を兼ね備えた「数え役満みたいな状態」になってる可能性が高いのである。購入を検討している車種の情報は、フロントガラスの値段表を見れば記載してあるが、より詳しい情報を聞きたくば、ショップのスタッフに根掘り葉掘り聞く必要があるだろう。

10万円以下の中古車は買っても大丈夫?

しかしながら、中古車を販売するお店も「走らない車」は取り扱っていない。いくらなんでも、まったく動かない車を扱っていては、お店の沽券にも関わってくるからだ。店頭で販売されているものであれば、10万円以下であっても一応「中古車」という認識をしても構わない。

ただし、先に挙げたような「値段が落ちる要因」を兼ね備えているので、限りなくポンコツである可能性は高い。頻繁にメンテナンスが必要だったり、極端に燃費が悪かったり、走ってるうちに「安さの理由」を悟ることも多いだろう。たとえ10万円以下で購入できても、使い続けるうえで、維持費がかさんでしまえば、典型的な「安物買いの銭失い」になってしまう可能性もある。

結論としては、安いには安いなりの理由があると受け止め、過信し過ぎずに購入するのが最良である。移動手段として問題無く機能しているのであれば幸運と考え、とても乗れないような代物であればスッパリと諦める。このくらいの潔さがあれば、もし失敗した買い物であったとしても精神的なダメージは受けにくいからだ。