「諸費用」に注意!

「諸費用」に注意!

車の価格以外にも注目

中古車は安いので、新車ではなく中古車を選んで購入するという人も多いでしょう。
また中古車を購入するときには、車本体の値段に注目する人が大半ですが、実は車本体の値段のみを見ているだけではいけません。
実際には諸経費がいくらか掛かるので、実際には車本体の価格よりもかなり高くなることがあります。

しかも車本体の価格しか表示しないのが一般的なので、場合によっては中古車自体の価格の倍以上諸経費が掛かってしまうこともあります。
もちろん販売店によって諸経費の価格も変わってくるのですが、必ず支払わなければいけない諸経費も存在しているのです。
それは法定費用と呼ばれている印紙代、車庫証明の申請証紙代、ナンバー代などが当てはまります。

法定費用はどこの店でも変わりありませんが、その他の諸経費は中古車販売店によってかなり異なる場合もあります。
主な諸経費は、登録手数料や車庫証明申請代行料、納車の費用などがありますが、このような諸経費を全て入れた価格が重要なのです。
よって中古車を購入する前には、金額がわかっている法定費用は事前に調べておきましょう。

さらに税金も掛かってくるのですが、最近は政治家の悪政によって、消費税も軽自動車税も上げられてしまったので、税金まで考慮する必要があります。
税金も含めて価格が固定されている費用はしっかりと調べておき、店によって価格が変わる経費に関しては、相場はいくらぐらいなのかを調べておきましょう。
中古車を購入する前には、きちんと評判を調べてから店を決定しないと、思わぬ大金が必要になる可能性もあります。

他にも自賠責保険の料金が掛かりますし、任意保険も車を購入する場合には加入する人が殆どです。
保険料はかなりの料金が掛かりますし、中古車なのか新車なのかはあまり関係ないので、かなりの金額がかかると思ってよいでしょう。
全ての金額がいくらなのかがわからなければ、車本体の価格がいくら安くても意味がありません。

車の価格が安い場合には諸経費が高い場合がある

中古車の本体価格が高いからと言って、この店はよくないと考えている人も多いでしょうが、実際にはそうとは限りません。
実は中古車の本体価格が安い場合の方が、諸経費が高くなる傾向にあります。
もちろん全ての店がそうとは限りませんが、中古車の本体価格が高い場合には、諸経費が込みでの料金になっていることもあるのです。

中古車の本体価格が安い場合には、諸経費が全く含まれておらず、諸経費自体も高い場合が多いので、きちんと確認してから購入しないといけません。
質問したときに、きちんと答えない業者では購入しない方がよいでしょう。
販売店を選ぶときには情報収集が重要なので、信頼できて評判のよい店を利用することが大切です。