安い中古車の見つけ方

安い中古車の見つけ方

値段設定方法

中古車はどのような値段設定をしているのかを知ることで、安くてよい中古車を購入できるようになります。
まずはどのように中古車の値段が決まるのかを知っておきましょう。

基本的に年式、グレード、燃費、走行距離、車種、見た目に注目するべきです。
年式は古ければ古いほど安くなる傾向にあります。車以外ではプレミアが付いたりすることもありますが、車の場合にはプレミアが付くということはあまりありません。

よって年式が新しければ新しいほど価格も高くなる傾向にあります。
次にグレードや装備品によっても変わりますが、純正の物をたくさん付けていると、値段は上昇する傾向にあります。逆に純正品ではない物を付けていても、それほど値段が上昇する可能性は低いでしょう。

ただし、どのような装備を付けているのかにもよります。
そして燃費も重要なのですが、燃費がよければよいほど価格は上がりますし、逆に燃費が悪いと価格は下がります。

さらに多くの人が注目する点があるのですが、それは走行距離です。それほど走っていないように見えても、メーターが回転している可能性も十分あります。
見た目は2万キロしか走っていないようでも、実際には12万キロ走っている場合もあるのです。

もしメーターを見ても、どう考えてもこんな少ししか走っていないとは思えないと思ったら、必ず店員に確認しましょう。
また、中古車の車種によっても価格は変わってきます。

元々の価格やグレード、人気によっても価格は変わります。
当然傷や錆などがあれば価格は下がりますので、見た目も重要になります。
これだけ注目しておけば、より安くてよい中古車を購入できる可能性は高いでしょう。

相場は常に動いているので、中古車の場合にはできるだけ時間をかけて購入した方が安くなる可能性は高いですが、売れてしまっては意味がありません。
よって買い時を見極める目も必要になります。

安ければよいというわけではない

中古車はできるだけ安い値段で購入したいという人も多いでしょうが、安ければよいというわけではありません。
もちろん高ければよいというわけではありませんが、多くの人はよい中古車を安く購入したいと考えています。

できるだけよい中古車を購入するためには、やはり購入したい車の相場をきちんと把握しておくことが大切です。
明らかに相場よりも安い場合には注意しましょう。

例えば相場が100万円なのに、20万円で販売されていたという場合には、購入する前に何でこんなに安いのかを問い合わせてみる必要があります。
車の状態が悪い、諸経費が高いという場合も多いので、総額を確認してから購入しないといけません。
ホームページで中古車販売店を選ぶ場合には、できるだけ情報量が多いところがおすすめできます。