オプションで選ぶ

オプションで選ぶ

オプションについて

新車を購入するとき、おそらく多く方がオプション製品も合わせて購入すると思います。
たとえば、マットやバイザーなどは多くの方が買われることでしょう。
その他にも、カタログなどを見ていると、いろいろなオプションがあることがわかります。
オプションの装着いかんによって、同じ車なのに、まるで別の車のようになってしまうこともあります。

メーカーオプションとディーラーオプション

より個性を演出したい人は、オプションの購入もぜひ考えたいものです。
ところで、このオプションにはメーカーオプションとディーラーオプションの2種類がオプションがあることをご存知でしょうか。

メーカーオプションとディーラーオプションでは、少し違います。
読んで字のごとく、メーカーオプションというのは、トヨタだったらトヨタのメーカー側が設定したオプションのことを言い、工場で出荷する段階から取り付けてしまう付属品のことを言います。

それに対して、ディーラーオプションは、販売店で取り付ける付属品になります。
もう少しわかりやすく両者の違いを説明すると、メーカーオプションは、新車がオーダーされた後に、生産ラインの段階で特別に取り付けられるものです。
ですから、生産ラインを通過してしまった後からでは、基本的に注文取り付けが不可能なのです。

賢くオプションを決めよう

したがって、メーカーオプションは新車を購入する際にだけ、プラスできるオプションなのです。
代表的なメーカーオプションにどのようなものがあるかと言いますと、たとえば、サンルーフや各種ドレスアップ製品など、エクステリア関係が多いように思います。

メーカーオプションは決して安い買い物ではありませんが、車をドレスアップすることで、自分だけの個性的な車つくりが可能です。
だからとても迷いますね。
予算に合わせて考える必要がありますが、他人とは違う何かがついていると、けっこううれしいものです。

ドレスアップの専門店もありますが、すべての車を取り扱っているわけではないので、取り付けるできれば、メーカーオプションが確実だと思います。
これに対して、ディーラーオプションは、購入後でも注文取り付けが可能です。
ディーラーで取り付けるものだからです。

代表的なものはマットやバイザーなどがあります。
どちらもあると便利ですよね。マットがあれば掃除が楽ですし、バイザーは雨よけには最適です。

ただ、外観が変わってしまうので好き嫌いがあるかもしれません。
ところで、これらの付属品は見積もりの段階では省いて見積もりを取ることをおすすめします。
値引きの段階になったとき、オプションからの値引きなのか、車両からの値引きなのか、わからなくなるからです。

むしろ、マットくらいはサービスでつけてもらうくらいの交渉にもち込みたいものです。
マットなどは、オートバックスなどで売っていますが、やはり正規品と比べるとサイズがぴったりとはいきませんので、これらのオプションは付けておくほうが無難です。
また、ディーラーオプションも値引き交渉が可能なものなので、値引き交渉を忘れずに行いましょう。